2011年03月30日

FX自動売買ソフト「Trade MAX21」 榊原卓丸 口コミ


元証券会社ディーラーのFX自動売買ソフト

2011年1月〜3月のリアル口座の結果は、
47勝8敗、113万円以上の利益です。

詳細はこちらをクリック


現在、ネット上では相当な数のFX自動売買ソフトが販売されています。


それらのソフトには、トレードのプロが中心になって開発したものと、そうではないものがあるのをご存知ですか?


実は、トレードの知識をちょっとかじったプログラマーが、いかにも“儲かりそうな”自動売買ソフトを作ることは、けっこう簡単にできてしまうのです。


テクニカル指標を組み合わせてパラメーターをいじれば、過去に“儲かったはず”の売買ロジックはすぐに見つかります。しかも、データ上は凄く儲かるように見えたりします。


しかし、そんなFX自動売買ソフトが実戦で機能するはずないですよね。いわゆる、カーブフィッティングと呼ばれるワナです。


驚くことに、ネット上で入手できる多くの自動売買ソフトのロジックは、投資経験がほとんど無いプログラマーが開発したものなのだそうです。


投資経験が無いと、当然、トレーダーの心理状態が実感として理解できません。トレーダーはどんな場合に不安になるのか。それを避けるためにはどうしたら良いのか。そういった事がわからないんですね。


その点、自分自身が第一線でトレードを行って実績を上げている人の開発した自動売買システムは、トレーダーの心理状態についてまで配慮されています。例えば、


榊原卓丸氏の「Trade MAX21」


というFX自動売買ソフトは、利益幅と損切り幅が極端な比率にならないように設定されてます。また、含み損も大きくならないようになっています。


いずれも、ストレスを感じないように配慮されているのです。元証券会社ディーラーであった榊原氏の経験とノウハウが活かされているわけです。


詳細はこちらをクリック


「Trade MAX21」は元証券会社ディーラーが作っただけあって、安定性と、ここぞと言うときの爆発性を兼ね備えたソフトです。


スタイルはデイトレードからスイングトレード。対象通貨はポンド/ドルで、5分足を利用します。


運用成績を安定させるためと、収益機会を増やすために、4つのロジックを備えています。これらのロジックはそれぞれ独立していて、例えば、1つのロジックで「買い」、他のロジックで「売り」という両建てもあります。


この仕組みは相場の急変にともなうドローダウンを減らす効果があります。


最近、開発者の顔が見えないFX自動売買システムが増えています。「Trade MAX21」を開発した榊原氏は、


「ほったらかしでも月100万円儲かるFX自動売買」


など、複数冊の本を出版しています。「顔の見える開発者」と言ってよいでしょう。


データに関しても十分に公開しています。バックテスト結果、リアル口座の結果ともに、公式サイトで見ることができます。「Trade MAX21」に興味のある方は、ぜひ、確認してみてください。


詳細はこちらをクリック




榊原卓丸氏のFX自動売買ソフト「Trade MAX21 (トレードマックス21)」の口コミ、効果、感想などの情報を公開しています。「Trade MAX21」は安定性と爆発力を兼ね備えたトレードシステム(EA)です。




W2C-Clipper FX自動売買システム 口コミ


FX自動売買システム「FX Life ver.3」 効果 感想


「ラグジュアリーFX」 口コミ - 即戦力トレードシステム


posted by Canopus at 15:23| FX自動売買ソフト「Trade MAX21」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。